「オンライン面接対策セミナー」レポート前半編!


こんにちは♪

アールエイチナビ運営事務局です。


2月2日(火)に開催した「オンライン面接対策セミナー」レポートを公開します!


今回は講座と共に、コロナ禍の就職活動で内定を勝ち取った21卒の先輩の体験談もお話ししました!

「前半」「後半」に分けてレポートしますのでご覧ください♪


「前半編」講座のまとめはこちら▼

知らなかった人はぜひチェックしてね♪



ここからは21卒の先輩(創価大学法学部 水原さん(仮名)学習院大学経済学部 広瀬さん(仮名))が体験談をもとに質問に回答!!一部を抜粋してご紹介♪


Q:バーチャル背景は印象が悪くなるとも聞いたことがあるのですが、バーチャル背景の使用について教えてください。


水原さん:自分のアピールとして使用していました。面接は雑談みたいなところもコミュニケーションの1つだと思っています。私は茨城出身なので茨城のネモフィラを背景にしていました。結果としてそれが雑談に繋がり、プラスに働くことが何度もありました。


広瀬さん:私は1度も使ったことがないです。私自身パソコンを操作すること自体が苦手で、バーチャル背景と同化してしまったり、面接官の方に背景を元に戻してって言われたりしたときにうまくできるかな?と思うことが怖かったので、私は設定しませんでした。


Q:背景を白くすることは印象悪くなりますか?


広瀬さん:大学が主催する面接対策セミナーにて背景は無地で白い方が良いとアドバイスをもらったため、白に設定していました。画面上でしか雰囲気を伝えることができないので、背景を白くして明るく見せることに対してマイナスに働くことはないと思います。


水原さん:私も基本は白です。特に面接が1回目など、接触が初めての企業は白の壁紙の前で受けていました。


Q:素に近い自分の言葉と、社会人のような固い言葉で話すこと、どちらが良いでしょうか。


水原さん:私は素を出して話す方が多かったです。画面上で相手に伝わることは限られていると思うのですが、それでもしぐさや表情でくみ取ってくれる部分もたくさんあると思います。緊張感でがちがちになって話すよりは、素に近い方が自分自身もリラックスして受けられると思います。


広瀬さん:私も素に近い自分でした。しかし、受ける企業によっては面接官の方の年齢層も変わってくると思うので、年齢層に合った話し方は大切かもしれません。



今回は一部を抜粋してご紹介!これから就職活動を行う皆さんにとって参考になれば嬉しいです!

実際にセミナーに参加をしていただくと、その場で質問をしていただくことができます✨


セミナー終了後のアンケートでも「21卒の体験談を聞けて良かった」「生の声を聞けて勉強になった」と大変好評でした✨


後半編もお楽しみに!

以上、アールエイチナビ運営事務局でした🐰✨




 ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

「こんなこと知りたい」「個別に相談したい」等ありましたら、

公式のLINEトークに直接ご連絡ください!


大切なファーストキャリアを決める就活に、<誰と働くか>という選択肢を。

就職支援サイト アールエイチナビ

就活情報は公式LINEアカウントより配信中!

https://lin.ee/hSg0peh (公式LINEへジャンプします)

170回の閲覧