要注意!間違いやすい敬語について①


こんにちは!

アールエイチナビ運営局です。


前回は謙譲語・丁寧語・尊敬語など

敬語の種類の違いや使い方についてお伝えいたしました!


今回は就活中に間違えがちな敬語の種類について

ご紹介します!



■なるほどですね

ふとした時の相槌で使ってしまう「なるほどですね」。

これは正しい敬語表現ではなく、違和感を覚える人事担当者の方もいらっしゃいます。


特に、グループディスカッション中や座談会など

ある程度フランクな雰囲気の中で使ってしまう可能性があります。


普段の会話から使わないように心がけ、

相槌を打つときは「はい」とシンプルに答える癖をつけましょう。


■了解しました

「了解」という言葉は目上の人が目下の人に使う言葉です。


了解しましたの代わりに

「かしこまりました」

「承知いたしました」という敬意を含んだ表現を使用しましょう。


■参考になりました

意外と使ってしまいがちなこちらの言葉。

こちらも目上の人に使うのは失礼にあたります。


インターンシップで何かを教えていただいた時や

座談会で社員の方々のエピソードを聞いた時は、

「学ぶことができました」「勉強になりました」

お伝えするようにしましょう!



■「社長様」「部長様」はNG

「様」を付ければ敬語になると思っていませんか?

実は、「○○社長」や「○○部長」という呼び方には

既に敬称の意味が含まれています。


電話などで「人事部の〇〇部長様はいらっしゃいますか?」と

お伝えするのではなく「人事部部長の〇〇様」と呼ぶようにしましょう!



なんとなく使っていても、

しっかり調べたら間違っていた!ということはよくあることです。


その他にも間違えやすい敬語はたくさんありますので

また次回の記事でご紹介いたします!

普段の生活から気を付けるようにしましょうね!




 ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐

「こんなこと知りたい」「個別に相談したい」等ありましたら、

公式のLINEトークに直接ご連絡ください!


大切なファーストキャリアを決める就活に、<誰と働くか>という選択肢を。

就職支援サイト アールエイチナビ

就活情報は公式LINEアカウントより配信中!

https://lin.ee/hSg0peh (公式LINEへジャンプします)

102回の閲覧

最新記事

すべて表示